こんにちは、モチ子です。
つい先日、東京ディズニーリゾートへ行ってきました。その際、スターウッドホテルグループであるシェラトン・グランデ・トーキョーベイ・ホテルへ宿泊してきました。
SPGアメックスカードについてはこちらの記事をご覧ください。

シェラトン・グランデ・トーキョーベイとは?

その名の通り、シェラトンブランドのホテルですが、現在日本に存在するシェラトンとしては最古のホテルで東京ディズニーリゾート・オフィシャルホテルのうちの一つです。
SPG系列のホテルは2017年7月現在21軒あり、最高ランクはカテゴリー7のホテルです(翠嵐 ラグジュアリーコレクションホテル 京都とザ・プリンスギャラリー 東京紀尾井町,ラグジュアリーコレクションホテルの2つ)。
今回宿泊するシェラトン・グランデ・トーキョーベイはその次に高いランクであるカテゴリー6のホテルです。高級ホテルであるウェスティン東京と同ランクという事で、宿泊に当たり期待が高まりますね。

さすがのディズニーリゾートオフィシャルホテル!アクセスはばっちり!

ホテルへのアクセスはJR舞浜駅・またはディズニーリゾートラインのベイサイド・ステーションから無料シャトルバスで向かいます。ベイサイド・ステーションからは徒歩でも向かう事が可能です。
また羽田・成田空港からもバス(羽田:830円、成田:1,800円)が出ているので、遠方の方も楽ちんです。

ホテルまでのアクセスについてはこちらをご確認ください。
東京ディズニーリゾート
ディズニーリゾートで遊ぶ前にホテルに荷物を預けてから向かいます。
その日は週末だったのもあり、かなり混んでいるディズニーリゾート。ホテルのフロントも例に漏れず大混雑で、荷物を預けるだけでも長蛇の列です。

早くもここにてSPG上級会員の力が…!予約表の内容が書かれたものを印刷して持っていたのですが、予約内容を見たスタッフの方がSPGゴールド・プラチナメンバー専用のカウンターへと案内してくれました。お蔭で長蛇の列に並ぶ事なく荷物を預ける事が出来、更にチェックインも済ませることができました。
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ

ちなみにシェラトン・グランデ・トーキョーベイはディズニーリゾートオフィシャルホテルですので、フロントの横にチケットカウンターまであります!ディズニーリゾートの入口でチケットを買うのも結構並ばないといけないので、ここで購入が出来て本当に助かりました。

夢の国で遊びつくした後もSPGゴールドメンバーの特典を堪能!

P1410004
朝から晩まで存分に夢の国を堪能した後はホテルに戻ります。後述しますが、今回はクラブフロアに宿泊する事が出来たためその特典として、クラブラウンジの使用が可能なのですが、17時~19時までの間はカクテルタイムがありアルコールが提供されます(それ以外の時間はノンアルコールのみ)。

この日一緒にTDRへ行った、ホテルのラウンジには一切興味はない友人二人へ「タダでお酒が飲めるよ!」とそそのかし、18時ごろにディズニーシーからホテルへ出発。クラブラウンジへ着いたのは19時15分前とかなりギリギリ!早速カクテルを作ってくれるバーテンダーの方がいる列に並ぶことに。

カクテルタイムがかなり終わりかけている頃だったので、他のお酒はもうほとんどありません…。
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ
バーカウンターには様々なお酒が並んでいます。
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ
カクテルの事はいまいち分からないですが、「夏っぽく甘い感じで!」等適当な事を言っても、快くカクテルを作ってくれました(笑)ちなみに写真は友人のチャイナブルーと私のココナッツオレンジ。
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ
全員がそろった所で乾杯です。写真をとるのを忘れてしまいましたが、テーブルからディズニーの夜景もしっかり見えます。シンデレラ城を見ながらのカクテルタイム、最高です。

ちなみに一番左のカクテルはシンガポールスリングというシンガポールのラッフルズホテル発祥のカクテル。日本では中々飲むことが出来ないカクテルのようで、注文した友人もまさか作ってもらえるとは思っていなかったため大興奮でした。
カクテル ディズニー
軽食も用意されていたのですが、カクテルタイムが終わる直前にラウンジに来たためか、残りは殆どありませんでした。
唯一残されていたパスタとポテトチップスなどをつまみにカクテルを楽しみます。
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ
P1410017
特にカクテルタイムは2時間と限られるのもあってかなり混雑していました。カクテルを存分に楽しみたい方はもう少し早めに行った方がいいかもしれません。

そしてカクテルタイムはあるものの、時間制限がありその時間以外はお食事も出ないようなので、他のSPG系列のホテルのクラブラウンジと比較すると質は劣る印象です。訪問した時間帯もあるかもしれないですが、大混雑しているので「くつろぐ」とは程遠く、またVIP待遇を期待する方にとっては期待外れかもしれません…。

上級会員専用のフロアに泊まってみた!

今回の宿泊したフロアはクラブラウンジの1つ下の階にある、上級会員専用のフロアです。
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ
長い廊下に期待はかなり高まります…
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ
P1410040
お部屋自体はめちゃくちゃ普通のお部屋です。
ただホテルのウェブサイトでお部屋の種類を確認したところ、それなりにレベルの高いお部屋だったようです…あれ?
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ
ちなみにクラブフロアに宿泊した場合、以下のような特典があります。(※シェラトン・グランデ・トーキョーベイHPより引用)
・市内通話無料
・靴磨きサービス
・専用クラブラウンジのご利用特典付
・無料でご利用いただけるヘルスクラブ
・テリー地のバスローブ
・バスルームに拡大鏡
・無料のボトル入りウォーター
・コネクティングルーム有
・「オアシス」のご利用特典
テーブルにはガーベラとメッセージカードが置いてあります。これまで宿泊したSPG系列のホテルではフルーツなどが置かれていたので、若干の残念さは否めませんが、それでも特別感があるのはうれしいものです。
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ
バスルームは広々としていて、トイレとは湯船は別です。日本のホテルでもバスルームとトイレが一緒になっているところが多い中、さすがシェラトンホテルです!
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ
アメニティもしっかりついています。ボディローションやマウスウォッシュ。そしてバスルーム内ではシェラトンオリジナルと思われるシャンプーやリンス、ボディソープがありました。
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ
トイレはごく普通です。
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ
随分雑な写真で申し訳ないですが…クラブフロア専用のバスローブです。シェラトン・グランデ・トーキョーベイ
ここは日本のホテルなのでバスローブの他に浴衣もついています!
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ
一日中TDRで遊んでクタクタだったためすぐに寝てしまったの上に、朝ごはんもラウンジで食べたので楽しむ機会はなかったのですが、コーヒーやお茶なども用意されていました。
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ
このお部屋で一番気になったこと、それは隣のお部屋の音が聞こえる事です。立派そうな造りにもかかわらず、隣の人の話し声が聞こえる…。さすがに何を話しているかまでは聞こえませんが、ディズニーリゾートなので子連れの方も多いとなるとその点は非常に残念かと思います。

クラブラウンジでTDRを楽しむための英気を養う!

カクテルを飲んだラウンジと同じ12Fにあるクラブラウンジで朝ごはんです。 シェラトン・グランデ・トーキョーベイ ラウンジ
朝ごはんはビュッフェスタイルです。
P1410033
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ ラウンジ
美味しそうなパンに惹かれたので、この日洋食にしてみました!R1ヨーグルトや飲むヨーグルトもありました!
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ ラウンジ
私は洋食にしてみましたが、和食も勿論ありました!
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ
朝ごはんを取って席で食べていると焼きたてのクロワッサンをサーバーの方が配ってくれました。外はサクサク、中はふわふわのクロワッサンです。
シェラトン・グランデ・トーキョーベイ
朝ごはんをお腹いっぱい食べた後はTDRへ出発です。TDRはいつも混雑していて、ご飯を食べる場所を探すのが大変な事も多く、軽食で済ませがちなので、朝ごはんが満足に食べられるといいですよね。

レイトチェックアウトは荷物も預けられて楽ちん!

東京ディズニーリゾート
SPGアメックスカードの特典にレイトチェックアウトがあり、16時までホテルに滞在する事が出来ます。
この日の夕方に帰る予定だったので、ホテルに荷物を置いたままでTDRを楽しむ事が出来ました!1泊分とは言ってもやっぱりTDRへ荷物を持っていくのは大変ですし、混雑している中でロッカー等を確保するのも中々大変です。16時までのレイトチェックアウトにはやはり助けられました!

シェラトン・グランデ・トーキョーベイ宿泊の感想

SPGゴールドメンバーの特典である、クラブラウンジの利用やレイトチェックインを活用する事で、ディズニーリゾートへの滞在をより楽しむ事が出来ました!友人二人も大満足!ただお部屋自体は普通。それどころか隣の部屋の音が聞こえたりと、今まで宿泊してきた外資系ホテルと比較すると明らかに劣る印象です。ディズニーリゾートのおまけくらいに考えて滞在した場合には、このホテルに再訪するのもアリですが、ただホテルを楽しむだけの為には滞在する事はないと思います。

マイレージブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中