どーもpunioです。
皆さんがこのページにアクセスされたということは、憧れのビジネスクラスに乗りたいのでしょうか?それとも、1年間でマイルを貯める方法が気になったのでしょうか?はたまた、クレジットカードをお得に申し込みたいのでしょうか?いずれにしてもこの疑問はすべて、このページを端から端までしっかり読んで理解すればすぐに解決し、あなたも今日から立派な陸マイラーとして羽ばたく基礎知識を得ることができるでしょう。

マイラー?マイル?そんなものはいらないからお小遣いがほしいという方も、この記事の内容をすべて理解すればしっかりお小遣いを稼ぐことができるようになります。ノウハウすべてなのでとても長いですが、どうぞ最後までお付き合いください。
と言っても、この記事の内容で本当にマイルを貯めることができるのか?お小遣いを稼ぐことができるのか?皆さんは信用していないと思います。そこで、私が実践して貯めたマイルをまずはご紹介したいと思います。

1年間で貯めたマイルはどのくらい?

こちらは日本航空JALのマイルの実績です。右側が貯めたマイル数です。2017年2月2日に168,083マイル貯まっています。このマイルはフランス・パリ行きのファーストクラス特典航空券と交換しました。その後もマイルが貯まり、2017年2月19日は130,187マイルとなりました。このマイルは、ドイツ・フランクフルト行きのビジネスクラス特典航空券と交換しています。これらを合計すると29万マイルとなっています。
JALマイル実績
正直なところ、私も陸マイラー活動を始める前から、JALマイルをコツコツ貯めていましたが、まさかこんなに貯まるなんて思ってもいませんでした。ちなみに、ANAマイルであれば50万マイルは貯まっていましたね。なぜJALマイルを貯めてしまったのか。それはまだ、陸マイラーの実力を知らない頃にJAL CLUB ESTカードを作成し、喜んでショッピングマイルを貯めていたからです。そのマイルを使わないともったいないと思い、全力でJALマイルを貯めた結果です。

皆さんに信用していただけたかどうかわわかりませんが、まず、実際にマイルがたまっているという事実だけは確かで、実際にご確認いただけたと思います。次は実際にマイルを貯める方法をご紹介します。ここではマイルと言って紹介していますが、商品券や現金にすることもできますので是非置き換えて最後まで読んでいただきたいと思います。

ちなみに、1マイルの価値とはいったいどのくらいなのか?なぜこんなにも必死になってマイルを貯めているのかについてはこちらの記事をご覧ください。

普段の買い物はすべてクレジットカードで支払う

巷で一般的に言われている陸マイラーとはおそらくこれの事です。クレジットカードでお買い物をするとポイントが貯まるということは皆さんご存知でしょうか。どういうこと??という方のために簡単に説明すると、普段のお買い物をするときに現金ではなくクレジットカードで支払うことで、200円で1ポイント、100円で1ポイントなど、お使いのクレジットカードによって異なりますが、とにかくクレジットカードで支払った金額に対してポイントが貯まるということです。そのポイントは使ったクレジットカードによってポイントやマイルと交換することができるようになります。

クレジットカードを使用するとポイントが貯まる仕組みとは

なぜポイントが貯まるのか?どう考えても現金のほうがお店にとってはうれしいでしょ。クレジットカードって手数料が取られるって聞いたことがある。という方もいるでしょう。しかし、実際の世の中は違っていたんです。
クレジットカード加盟店、つまりお店はクレジットカード会社と契約をしています。その内容は、
うちのクレジットカードを使って支払があった場合は、お店がクレジットカード会社に売り上げの数パーセントを支払ってください。という内容です。

そうすると、スーパーなどお店でクレジットカードが使用されると、クレジットカード会社に手数料としてお金が支払われます。そして、その一部がクレジットカードを使用したお客さん。つまり私たちにポイントとして還元されるという仕組みになっています。

こうなると、さらに疑問がわいてきます。なぜわざわざ手数料を支払って、お店はクレジットカード会社と契約をするのか。これも現代の状況を考えるととても簡単に理解できます。昔、お給料は現金手渡しというところが多かったと思いますが、今はほぼ銀行振り込みです。会社としてもお金のやり取りが記録されて、現金を持ち歩かないから安心してお給料を渡せるためですね。こうなると、私たちは銀行からお金を引き出さないとお買い物ができません。銀行に行けば手数料なしで引き出せますが、お金が必要な時にATMが近くにあるとは限りません。

また、現金で支払うとお釣りをもらいますが、このお釣りが結構貯まって邪魔になるんですよね。男性の方なんかは後ろポケットに財布を入れていることが多いと思いますが、財布がパンパンになってとても邪魔です。しかし、クレジットカードであれば、あのペラペラのプラスチックカードを持ち歩くだけでお買い物ができるんです。お釣りもないし受け取るのはレシートだけ。小銭を探す手間なんかもありません。さらには、クレジットカードで支払うとポイントが貯まる。もっとポイントを貯めたいと思っている方は、クレジットカードが使えるお店にしか行かなくなります。

なんといっても1ポイント1円の価値があるため、貯めないと損という思考がどんどん働きます。こうなるとお店も黙ってはいられません。お客さんを確保するために、クレジットカードを使えるようにクレジットカード会社と契約を結ぶようになります。こうして出来上がった世界が今になります。現金卸売のお店など激安店ではまだまだクレジットカードが使えないところもありますが、クレジットカードが使用できるところでは積極的に使用してポイントを貯めてください。

クレジットカードが使えるお店ってスーパーだけじゃないんです。コンビニでも使えるし、JRの切符を購入する際にも使えます。いろいろなところで使用することができるので、クレジットカードが使えるというマークが見当たらない場合は、店員さんに「クレジットカード使えますか?」と一声かけましょう。この一言が運命を分けます。クレジットカードは使えません。と言われることが恥ずかしいなんて思う必要はありません。店員さんは何百人のお客さんを相手にしていて、こんな質問には慣れています。

また、200円くらいの少額でクレジットカードを使うのが恥ずかしいと思う必要もありません。店員さんはお釣りを間違って渡すことがなくなるのでもむしろ大歓迎です。気にせずクレジットカードで支払いましょう。

クレジットカード使用派と現金主義でどれだけ差が出るのかを実際に確認してみる

皆さんが平均的なサラリーマンだとして、1年間で200万円くらいお買い物に使ったとします。この金額が多すぎると思った方はよく考えてみてください。1年間の手取りの給料の合計から貯金した額を引いた分が、お買い物などで使用した金額になるわけです。こうやって考えると200万円くらい使っているのではないでしょうか?この金額をもとに比較してみます。

現金派はもちろん200万円分のお買い物ができます。これ以上もこれ以下もありませんね。次にクレジットカード派を見てみます。お買い物金額の1%がポイントとして貯まるクレジットカードを使用していた場合、200万円分のお買い物をすると、貯まったポイントは2万ポイント。つまり2万円となりますね。これはかなり大きいですね。2万円と言えば、いきなりステーキ8回分(なぜいきなりステーキ?)、マックなら100円マック185個も食べれます。(というかそんなに食べれません。)

別に食べ物である必要はありません。普段買わないようなちょっとお高めのコートなどを購入するのに使ってもいいですよね。マイルではなくて、お小遣い派の方はこれだけでもちょっと満足できるのではないでしょうか。
ここまでをまとめると以下のようになります。
  • 普段のお買い物はすべてクレジットカードを使う
  • クレジットカードが使えるかどうかわからない場合は店員さんに確認する
  • お買い物代金が少額でも気にする必要はなし
  • 大体1年間で2万ポイント貯まって、その分現金派より優雅な生活が送れる
私は先ほども言いました通り、JAL CLUB ESTカードを主に使用しているので、この場合1年間で20,000マイル貯まります。ちなみに、JAL CLUB ESTカードは20代限定カードですがものすごくお得です。こちらの記事にそのお得な内容を記載しました。
これで基礎はできました。普段のお買い物はすべてクレジットカードを使用すればいい。そうすれば年間2万マイル貯まるというところまでは理解いただけたと思います。

ポイントサイトでがっつりポイントを貯める

クレジットカードでポイントを貯めるのはいいけれど、1年間で2万マイルしか貯まりません。ヨーロッパ行きのビジネスクラス特典航空券と交換するには往復11万マイル必要です。片道でも5.5万マイル。とてもじゃないですがマイルが足りません。貯まったとしても、せいぜい日本から近いアジア圏に旅行に行くことしかできません。なんといっても、10,000マイルをクレジットカードのショッピングで貯めようとした場合100万円の支払いが必要ということはすでに理解されていると思います。

ということは11万マイル貯めようとした場合は1,100万円の支払いが必要ですね。通常のマイルの有効期限は取得してから3年間なので、到底クレジットカードだけでは貯めることができません。しかし、私は実際にマイルを貯めてファーストクラス特典航空券を発券することができました。その方法は、ポイントサイトを利用して一気にポイントを貯めて、それをマイルへ交換するんです。

お小遣いサイトのイメージはもう古い!ポイントサイトを攻略した者だけがマイルを劇的に貯められる

ポイントサイトというと、約10年前くらいに突如現れたお小遣い稼ぎサイトがもととなっています。その頃のサイトを知っている方はこう思うことでしょう。1クリック1ポイントで、毎日アクセスしてポイントを積み重ねていく。1年間で365ポイント。これを複数のポイントサイトで行って、ポイントを地道に貯めるとても大変な作業。

しかし、今のポイントサイトは全く違います。まずはこちらの画像をご覧ください。これはハピタスというポイントサイトの情報です。ヒルトンというホテルを予約して宿泊するだけで、なんと「476」ポイント貯まるんです。これだけで、昔でいう1年分以上のポイントを貯めることができます。
ハピタスヒルトンホテル予約
ハピタスのポイントは1ポイント=1円の価値があり、貯まったポイントは銀行口座に振り込むことが可能です。さらにハピタスというサイトを見てみましょう。こちらは、JAL アメリカン・エキスプレス・カードです。こちらは、クレジットカードをハピタス経由で申し込むことによって、「8,000」ポイントもらうことができます。
ハピタス JALアメリカンエキスプレスカード
通常、ヤフーやグーグルで検索すると、こういう情報が出てきます。JALカードに新規入会すると

  • Amazonギフト券11,000円分 もしくは 10,500マイルプレゼント
  • 普通カードなら1年間年会費無料
このような特典を受け取る事ができます。
JALカード入会キャンペーン
これを見ると、ポイントサイト経由だとこの特典がもらえないのではないかと思ってしまいますよね。しかしそんなことはありません。ポイントサイトの8000ポイントとさらに10,500マイルなど新規入会特典を受け取る事ができるんです。とてもお得だと思いませんか?ポイントサイトのことを知らない方たちは、公式サイトから申し込んでしまうため8,000ポイント。つまり8,000円を損しているということです。しかし、今、皆さんはこのお得な方法を知ってしまいました。つまり、世の中の勝ち組へと一歩進んだわけです。
細かいことはいいから今すぐポイントサイトへ登録したいという方はこちらにリンクを貼ったので、どうぞお小遣い稼ぎをしてください。

ハピタスに登録する

なぜポイントサイト経由だとポイントをたくさんもらうことができるのか?その実態とは!

ポイントサイト経由で申し込むと、ポイントがたくさんもらえてお得ということはわかりました。しかし、なぜクレジットカード会社やFXなどはポイントサイト経由だとたくさんポイントをもらえるのでしょうか?ポイントサイトのポイントって怪しいものじゃないの?という疑問がわいてきます。これらを解消するために、まずはこちらの画像をご覧ください。こちらはヤフーの検索画面です。「JALカード」と入れて検索するとトップの広告がバナー広告で大きくJALカードと書かれています。そして、その下にもJALカードのテキストタイプの広告が載っています。
ヤフーバナー広告のJALカード
この広告費用一体いくらかかっているのでしょうか?少なくとも1週間で200万円以上かかっています。すごい高い金額だと思いませんか?1週間で200万円以上広告にお金を使っているんですよ。仮に200万円だとしましょう。この高額な費用をかけている広告を見ただけで、そうだ!JALカードに入会しよう!となりますか?答えはNOです。

日本人は物事をじっくり考えてから行動するタイプが多いと言われています。特にクレジットカード関係やFXは慎重になりがちです。皆さんはどうでしょうか?クレジットカードって落としたりして不正利用されたら怖いなど、怖いイメージをお持ちではないでしょうか?FXで破産したと聞いたことありませんか?そのような状況でクレジットカードをこれだけの情報で入会へもっていくのは難しいですよね?そこで生まれてきたのが、アフィリエイトです。

アフィリエイトとポイントサイトは似ている

アフィリエイトとは、ブログなどで商品を詳しく紹介して、もしそのブログ経由で購入してくれたら報酬を支払います。という仕組みです。興味を持ってくれるかわからないお客さんに対して広告料を支払うより、購入してくれたら報酬を支払う方法のほうが企業側にとっても広告料が無駄にならなくていいですよね。

この仕組みに目を付けたのがポイントサイトです。先ほどのJALアメリカンエキスプレスカードに入会すると8,000円もらえる仕組みですが、ポイントサイトには、おそらく1万円程度JALカード側が支払っています。その中の8,000円が私たちにポイントとして支払われています。これって最高の宣伝文句だと思いませんか?

なぜなら、いくらJALカードが最高ですよ。ANAカードが最高ですよと宣伝しても、実際に入会してもらうというのはとても難しいものです。それが、「入会したら8,000ポイント差し上げるので入会しませんか?」と言われたら誰だって入りたくなりますよね。この人間の心理をうまく使ったのがポイントサイトです。しかもポイントの出どころはJALカード。つまり入会する企業側からポイントをもらっているようなものです。

これってすごい安心感ありませんか?闇の世界のようなポイントサイトではなく、ANAやJALなど大企業からポイントサイト経由でポイントとして頂けるということですよ。ポイントサイトにも2,000円儲かっています。誰も損しないとってもお得な制度と言えます。

おすすめポイントサイトはハピタスとちょびリッチ

ここまでちゃんと読まれた方は、ポイントサイトを使わないなんてもったいないと思うようになっていると思います。ここで、ポイントサイトと検索した方は思うはずです。どこのサイトを使ったらいいのかがわからない。そうなんです。現在ポイントサイトも新しいところがたくさん出てきて、価格競争(還元率競争?)が始まっています。

そうなると、一番お得なポイントサイトを使いたいと思うことでしょう。しかし、一つ気を付けなければいけないことがあります。それはちゃんとポイントを支払ってくれるかどうか。これに限ります。せっかくポイントサイト経由でJALカードやANAカードに申し込んだとしても、ポイントが反映されなかったら困りますよね。

実際に、ポイントサイトを使っている方で、クレジットカードを申し込んだのにポイントが反映されなかった。という声をたまに耳にします。これでは困ってしまいますよね。きちんとしたポイントサイトを見極める必要があります。
ここでお勧めしたいのが、ハピタスとちょびリッチというサイトです。私は陸マイラーを始めて、主にこのサイトを使ってきましたが、一度も無効判定つまり、ポイントがもらえないということになったことがありません。

ハピタスに登録する
ちょびリッチに登録する
特におすすめなのが、ハピタスです。

ハピタスを使う理由

陸マイラーをこれから始めようとしている方にぜひ使っていただきたいのがハピタスです。なぜハピタスなのか?他にもポイントサイトがあるじゃないか。と思われたかもしれません。しかし、私はハピタスをお勧めします。

ハピタスのポイントは1ポイント1円

私がハピタスを勧める理由。それは1ポイント=1円だからです。これを聞いた皆さんはこう思うことでしょう。「何言ってんの?普通1ポイント1円でしょ。意味わからん。」しかし、ポイントサイトには罠がたくさんあります。こちらの画像を見てください。これはモバトクというポイントサイトで「楽天カード」を申し込んだ場合にもらえるポイント数です。
モバトクポイント
これを見た初心者陸マイラーさんは間違いなく飛びつきます。75,000円も貰えるーって。これ申し込めば簡単にビジネスクラスでハワイに行けちゃうーって。しかし、実際は違います。このサイト10ポイント=1円です。つまり、7,500円になります。これってすごいわかりにくいと思います。

このようなポイント設定にしているサイトの言い分としては、「ポイントがみるみる増えているような気分になり、長続きする。」です。確かに、ある程度継続しないとマイルは貯まりませんが、たくさんポイントが貯まったという段階でお金に換算した時の衝撃は半端ないです。「全然足りないじゃん。ハワイいけないじゃん。ヨーロッパなんて到底無理じゃん。」こうなったら挫折確定です。続けられませんよね。

こうなると、やはり1ポイント=1円はすごい大事だと思います。しかし、1ポイント=1円としているサイトはなかなかありません。そんな中で見つけたのがハピタスです。もう一度出しますが、あ、8,000円もらえるんだ。って直感的にわかるってとても大事だと思います。なので、私は最初のサイトとしてハピタスをお勧めします。
ハピタスはポイントが分かりやすい
ハピタスの登録はこちらからできます。
ハピタスに登録する

ちょびリッチを使う理由

ここまでの情報で、皆さんはクレジットカードやFXの申し込みでポイントを大量に獲得できるということはご理解いただけたと思います。しかし、この大量ポイント獲得は基本的に新規で申し込んだ場合のみです。一度作ってしまうともう一度ポイントをもらうことはできません。

こうなると、陸マイラー1年目は順調にマイルが貯まりますが、2年目以降は貯めるのが難しくなってきます。そんな時に活躍してくるのはちょびリッチです。ちょびリッチはクレジットカード案件などもありますが、モニター案件もあるんです。いわゆるミステリーショッパー的な活動で、お店へ行って覆面調査を行い、お店の評価をするというものです。ほとんどのお店で飲食代の30%をポイントでポイントバックしてくれます。

この覆面調査がなぜいいのか。それは、飲食店がほぼ無限ということです。有名な牛角やかっぱ寿司、シェーキーズなど大手チェーン店もモニターの対象となっているので、楽しくご飯を食べつつ覆面調査をするだけでポイントを獲得できます。実際に覆面調査を行ったときの記事はこちらです。時には100%還元のお店もあるので見逃さずにポイントを獲得したいですね。
ちょびリッチの活用方法をもう一つご紹介します。こちらもモニターですが、飲食店ではなくてスーパーなどで売っている製品について調査を行うというものです。こちらも覆面調査と同様にアンケートに答える必要がありますが、お店のモニターと比べると圧倒的に簡単です。

この商品モニター案件で100%還元商品が掲載されると、以前の健康食品ブームの時のようにスーパーやコンビニから商品がなくなるという現象が発生します。この商品モニターを実際に体験した記事はこちらです。購入するお店が都内のコンビニなど制限されていることがあり、そこまで行くのが大変ですが、マイルのために買いに行くのが陸マイラーです。
しかし、毎日ハピタスやちょびリッチのサイトを隅々まで眺めるというのは難しいですよね。実際私も見ていません。どこを見て、お得な案件が出てきたかを確認するかというと、ブログ村マイレージです。
皆さんはこういうボタンを見たことないでしょうか?
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ
このボタンをクリックすると、ブログ村のランキングが出てきますが「新着記事」というところをクリックします。
ブログ村マイレージの活用方法
すると、先輩陸マイラーの方々が、日々有益な情報をブログで発信していることが分かります。ここを毎日チェックすれば継続してポイントを貯めることができるようになります。
ここまで、いかにポイントを貯めるかということについてお伝えしてきましたが、どのようにしてポイントサイトのポイントをマイルへ交換するのかということです。皆さんが一番気になるところですね。

アメーバブログでおなじみの会社が運営するドットマネーはすごかった

貯まったポイントは直接マイルに交換することができません。一度ほかのポイントと交換する必要があります。使用しているポイントサイトによって、交換先が異なってきます。この交換先のサイトの事をポイント経由サイトと呼びます。私がおすすめしているハピタスとちょびリッチはどちらもドットマネーというポイント経由サイトを使うことができます。この、使うポイントサイトによって、交換先が異なるという事はぜひお気を付けください。

なぜなら、ハピタスはPeXとドットマネーの2つのポイント経由サイトを利用することができますが、PeXは交換手数料50円がかかります。一方でドットマネーは無料です。明らかにドットマネーのほうがお得ですよね。このようにポイント経由サイトによって手数料がかかるところがあるので、使用するポイントサイトはよく確認してから決めましょう。

なぜよく確認する必要があるのか。それは、貯まったポイントを交換するときに「最低交換ポイント数」というのが設けられています。このポイント数以上貯まって初めてポイントを交換することができるようになります。ちょびリッチの場合1,000ポイント以上から交換できるようになります。使用するポイントサイトをある程度絞っておかないと、交換できるポイント数までポイントがなかなかたまらなくて交換できないという事になりかねません。なので、最初のポイントサイト選びはとても重要なのです。
貯まったポイントはこちらの記事を参考に交換しましょう。

ポイント経由サイトからマイルへ交換する

お小遣いがほしい方は、ぜひポイント経由サイトへポイントを交換してから銀行口座へ振り込むようにしてください。それは、ポイントサイトがポイント経由サイトへポイントを交換するときにボーナスポイントをくれるキャンペーンを行っていることがあるからです。

例えばちょびリッチからドットマネーへポイントを交換すると、1%のボーナスポイントをもらうことができます。もし、1万ポイントを交換したら100ポイントを何もしなくても貰うことができるんです。しかも、ドットマネーから銀行口座への振り込みは基本的に手数料なしで行うことができます。現金派の方も、ポイント経由サイトにポイントを交換するところまではぜひ行ってください。

JAL派とANA派でポイントの交換方法が異なる

ここで、運命の分かれ道です。皆さんがJAL派なのか、それともANA派なのかによって、どのポイントに交換するかが変わってきます。基本的に、JAL派の場合はそのままJALマイルに交換するのがおすすめです。しかし、500ポイントが260JALマイルと、ほぼ半分になってしまいます。

場合によっては、dポイントからJALマイルへの交換でボーナスポイント20%などを行っている場合があります。そのときは、ドットマネーからdポイントに交換して(こちらは100%)、さらにdポイントからJALマイルに交換すればいいでしょう。

このボーナスポイントキャンペーンが行われているかどうかは、ブログ村のマイレージを覗けばすぐにわかると思います。皆さんがこぞって同じ記事を書くので見逃すこともないでしょう。

次はANAマイルです。ANAマイルを貯めるには一度メトロポイントに交換する必要があります(100%)。そうすると、1か月に2万ポイントまでという制限はありますが、メトロポイントからANAマイルに交換することができます。これだけを聞くとJALと一緒だと思ってしまいますが、レートが異なります。なんとメトロポイントからANAマイルへの交換は90%で行うことができるんです。つまり、
  • JAL:10000ポイント→5200マイル

  • ANA:10000ポイント→9000マイル
この差はなんと3800マイルもあります。冒頭で、私がもしANAマイルを貯めていれば50万マイルは貯まっていたといったのはこのためです。

ポイントサイトを活用する陸マイラーには必須のソラチカカード

この驚異の90%還元を誇るのが「ソラチカ」というクレジットカードです。年会費は初年度無料。以降2160円かかりますが、90%還元のためなら必要経費として考えてもらったほうがいいでしょう。ソラチカカードは、ポイントサイトでポイントを貯めている陸マイラーにはとても重要なアイテムなのでこちらの記事をじっくり読んで作成していただくことをお勧めします。ここまでの内容をしっかりと行えば、飛行機に乗らなくてもマイルはどんどんたまっていきます。そのマイルを使って楽しい旅行へ行きましょう。

マイレージブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中