どーもpunioです
シンガポール旅行で利用したシェラトン・タワーズ・シンガポールの宿泊記です。
シェラトンタワーズシンガポール

シンガポールにシェラトンは2つある

こちらのホテルを予約する際に非常に迷った点があります。それは「シェラトンタワーズシンガポール」にするか、「フォーポイント・バイ・シェラトン シンガポール、リバーサイド」にするかです。シェラトンタワーズシンガポールはオーチャードという観光地に近いのですが、マーライオンやチャイナタウンに近いのは「フォーポイント・バイ・シェラトン シンガポール、リバーサイド」です。そして、宿泊料金もフォーポイントのほうが安かったです。下の地図は「シェラトンタワーズシンガポール」の位置を示しています。

近くにシンガポールの地下鉄「Newton駅」があることが分かりますが、フォーポイント・バイ・シェラトンシンガポールのほうは近くに駅はありませんでした。タクシーに乗ればどちらも問題ありませんが地下鉄のほうが安心して移動できると考え駅から近い「シェラトンタワーズシンガポール」を選びました。

シェラトンタワーズシンガポールを選んだ理由

シンガポールには日本と同様、様々なホテルがあり価格帯も様々です。有名なホテルと言えば、マリーナ・ベイ・サンズ(ホテルの上に船が乗ったようなデザインのホテル)や、ラッフルズホテル。日本でも有名なウェスティンシンガポール、ザ・リッツ・カールトンシンガポールなどが挙げられます。そのほかにもいろいろなホテルはありますがなんといっても、快適に過ごすことができるのか?この要望に確実にこたえられるホテルを探す必要がありますよね。楽しみにしていたシンガポール旅行をホテルのせいで台無しにはしたくないものです。。
こうなると、日本人はやはりネームバリューのあるホテルを選んでしまいます。なぜなら、同じホテル系列なら同じサービスを提供しているからですね。つまり、何を考えなくても有名な外資系ホテルなら安心。ということで、シェラトンタワーズシンガポールに今回宿泊することにしました。
さらに、私はSPGアメックスを所有しているのでSPGゴールド会員です。シェラトンはSPGグループのホテルなので、少しだけSPG上級会員の特典を受けることができます。
SPGアメックス、SPGゴールド会員についてはこちらの記事をご覧ください。

SPGゴールド会員のチェックイン

ホテル入り口にはボーイの方がいて、扉を開けてくれます。ロビーを右側に進むとチェックインカウンターがありました。
チェックインカウンターには、SPGゴールド・プラチナメンバー優先のカウンターが用意されています。さすがSPG上級会員は待遇が違います。しかし、私がチェックインしたのは午後7時過ぎ。カウンターはガラガラでSPGゴールド会員の威力を発揮することはできず・・・。
シェラトンタワーズシンガポールSPGゴールド優先
モチ子「(英語)チェックインお願いしますー」
ホテルガール「(英語)SPGゴールド会員のMr.punioようこそいらっしゃいました。SPGゴールド会員なので、ウェルカムドリンクかスターポイント250ポイントどちらがいいですか?」
ドリンクも捨てがたいけど、ポイントのほうがいいかなとおもいます。なぜなら、スターポイントは1:3の比率でマリオットリワードに交換することができるんです。そうすれば貯まったポイントで「ザ・リッツ・カールトン東京」に無料で宿泊することができます。リッツカールトン東京計画に一歩近づくことができます。
punio「(英語)ポイントでお願いしますー。」
ホテルガール「オーキー」
こちらは、ホテルのカードキーです。SPGゴールド会員なのでゴールド会員専用カードキーとなっています。上級会員の心をくすぐるのがうまいようです。
SPGゴールド会員専用カードキー
ロビーは中央が吹き抜けになっていてロビーの中央には滝と池があるレイアウトになっていました。
シェラトンタワーズシンガポールロビー
シェラトンタワーズシンガポールロビーの池
客室へ向かうエレベーターは4基ありました。ボタン周りはメッキ仕様ですがきれいに清掃されていて指紋などは気になりません。セキュリティー確保のため、宿泊するカードキーをかざすと宿泊する階だけボタンを押すことができるようになります。
シェラトンタワーズシンガポールエレベーターホール
シェラトンタワーズシンガポールエレベーター内

エグゼクティブビジネスルーム

予約はもちろん一番安い部屋を予約します。なぜなら、SPGゴールド会員は部屋を無料でアップグレードしてもらうことができるからです。
今回は、デラックスキングベッドルームから、エグゼクティブビジネスルームにアップグレードされました。宿泊階も16階と高層階となっています。ちなみに、デラックスキングベッドルームと、エグゼクティブうビジネスルームの違いはバスルームが大理石かどうかのようです。SPGのサイトはこのあたりが分かりにくいのでぜひ改善してほしいですね。
すでにターンダウン済みでしょうか。
シェラトンタワーズシンガポールベッド
バスルームは大理石仕様です。
バスタブも広くお湯を張ってゆったり浸かることができます。お風呂の栓ですが、バスタブの上側についている排水溝を兼ねている金属製の丸いところを回すと栓をすることができます。また、シャワーとバスタブの切り替えですが、お湯を出した状態で、バスタブの口金を上下させると切り替えることができます。
シェラトンタワーズシンガポールのバスルームは大理石
シャワーは天井シャワーとハンドシャワーが設置されています。
シェラトンタワーズシンガポールシャワー
洗面台は1つですが、両端が広々としています。
洗面台
アメニティは「Cenizaro」と書かれたシャンプー・コンディショナーなどです。
シェラトンタワーズシンガポールのアメニティCenizaro
固形せっけんやカミソリ・綿棒などもあります。
シェラトンタワーズシンガポールのCenizaro
バスローブはクローゼットの中に収納されています。このシェラトンタワーズシンガポールですが、パジャマはありませんでした。バスローブで寝るか、持参したパジャマで寝るかといったところでしょうか。ちなみに、この部屋だけかわかりませんが、クローゼットを開くと妙なにおいが漂います。唯一の残念ポイントです・・・。
シェラトンタワーズシンガポールのバスローブ
ミニバーはテレビの下にありました。
シェラトンタワーズシンガポールのミニバー
お菓子やお酒がありますが有料です。最寄り駅のNewton駅にはセブンイレブンがあるのでそちらを利用することもできます。
シェラトンタワーズシンガポールのミニバーのお酒
シンガポール産タイガービール
シェラトンタワーズシンガポールの冷蔵庫
チョコバーは暑さで溶けないように冷蔵庫に入っています。
シェラトンタワーズシンガポールのチョコバー
冷蔵庫に入っているエビアンは有料です。
シェラトンタワーズシンガポールのエビアン
部屋を一通り確認した後夕食へ向かいました。そして部屋に戻ってくるとウェルカムフルーツがおいてありました。リンゴ、オレンジ、洋ナシ、すももの4種類です。このリンゴ結構おいしかったです。シンガポールではリンゴを栽培していなく、様々な国のリンゴがスーパーで売られています。その中からおいしいリンゴを調達してくるのでしょうね。
ウェルカムフルーツ シェラトンタワーズシンガポール
こちらはルームサービスメニューです。午前2時までにドアノブへかけておけば、朝食をお部屋で食べることができます。観光で行ったので、朝食はもちろん現地の食を楽しみたい。ということで頼んでいませんが、1人前で32~40SGD(税抜き)となります。
シェラトンタワーズシンガポールルームサービス
また、テレビ横にはスマホがおいてありました。こちらはホテルに宿泊中は無料で使用できるスマートフォンです。私は現地で使用することができるSIMカードをすでに持っていたので使用しませんでしたが、右も左もわからない旅行者にとってはありがたいサービスですよね。
シェラトンタワーズシンガポールのスマートフォン
朝になると朝刊が届けられています。チェックイン時に依頼すれば日経新聞も届けてくれるようです。
シェラトンタワーズシンガポールの朝刊新聞
窓からの眺めは、森と高層ビルがよく見えます。隣もホテルですね。
シェラトンタワーズシンガポールの眺め
シェラトンタワーズシンガポールからの景色
シェラトンタワーズシンガポールのプール
プールの写真は窓が2重ガラスになっていてきれいに撮影できませんでした。シンガポールの日中は熱いのでプールに入っても全然問題ないと思います。次回はプールも利用してみたいですね。
シェラトンタワーズシンガポール
●おすすめ記事●

マイレージブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中