どーもpunioです
皆さんは海外旅行に行くときは「JTB」とか「近畿日本ツーリスト」等の旅行代理店を通して飛行機のチケットと宿泊先のホテルを予約されると思います。パッケージツアーであればすべて旅行代理店の方が手配してくれるのでとっても楽ですよね。そんな旅行ですが、当日空港へ行くと添乗員さんから搭乗券(Boarding Pass)を受け取ってくるように言われると思います。実際私たちもアイスランド旅行へ行ったときは成田空港のスカンジナビア航空のカウンターへ行って受け取ってきました。
実際の搭乗券(Boarding Pass)を見てみましょう。
スカンジナビア航空搭乗券(Boarding Pass)
この搭乗券は、飛行機に乗るのに必要なのでなくさないように大事に持っていましたが、飛行機を降りるときには不要となります。ただの紙になってしまうので捨ててしまう方も多いと思いますが、このパッケージツアーで利用した搭乗券を有効活用してお得に旅行に行く方法を紹介します。結構長い内容ですがとても重要な内容となっているので最後までお付き合いください。

使用済みの搭乗券(Boarding Pass)の有効活用大公開!

この使用済みの搭乗券をまずはじっくり見てみましょう。右側にはバーコード、丸いスタンプはUNITED航空ラウンジに行ったときに押されたものです。あと、なんだかアルファベットでいろいろと書かれています。この搭乗券を有効活用するには実は、旅行に行く前にある準備をしておく必要があるのです。

ツアーで搭乗する飛行機がどこの航空会社なのかを調べる

世界三大アライアンスというものが存在した

航空会社は大きく分けて4つのグループに分けることができます。
  • スカイチーム
  • スターアライアンス
  • ワンワールド
  • その他
皆さんもスターアライアンスやワンワールドは聞いたことがあるのではないでしょうか?なぜなら、スターアライアンスはANA(全日本空輸)、ワンワールドはJAL(日本航空)が所属しているんです。そして、飛行機のアナウンス時に次のような放送が流れるので耳にしたことがある方も多いと思います。「本日もワンワールドアライアンスメンバー 日本航空をご利用いただきましてありがとうございます」
このワンワールドと日本航空スターアライアンスとANAの組み合わせというのはとても重要な内容なのでぜひ覚えておきましょう。そして、スカイチームは現時点で日本の航空会社は所属していません。その他は、世界三大アライアンスメンバーに加入していない航空会社です。先日アイスランドに行ったときに「アイスランド航空」に乗ったのですが、こちらの航空会社はその他に該当します。
その他の航空会社は個別に他の航空会社と連携している場合があるので個別に調べる必要があります。

スターアライアンス加盟航空会社

スターアライアンスのロゴ
スターアライアンスに加盟しているANAと連携している航空会社を見てみましょう。ちなみに、このロゴの5つのマークですが地球の5大陸を表しているようです。
  • 全日本空輸(ANA)
  • エーゲ航空
  • エアカナダ
  • 中国国際航空
  • エア インディア
  • ニュージーランド航空
  • アシアナ航空
  • オーストラリア航空
  • アビアンカ航空
  • アビアンカ・ブラジル航空
  • ブリュッセル航空
  • コパ航空
  • クロアチア航空
  • エジプト航空
  • アドリア航空
  • エチオピア航空
  • エバー航空
  • LOTポートランド航空
  • ルフトハンザ ドイツ航空
  • スカンジナビア航空
  • シンセン航空
  • シンガポール航空
  • 南アフリカ航空
  • スイスインターナショナルエアラインズ
  • TAPポルトガル航空
  • タイ国際航空
  • ターキッシュ エアラインズ
  • ユナイテッド航空
最初に載せた画像の搭乗券はスカンジナビア航空のものです。ANAと同じスターアライアンスメンバーということが分かりました。
下の航空会社はANAと連携している航空会社です。こちらも重要ですが覚えるのは大変なのでその都度確認してください。
  • エア ドロミティ
  • マカオ航空
  • エティハド航空
  • ユーロウィングス
  • フィリピン航空
  • ベトナム航空
  • ガルーダ・インドネシア航空
  • ジャーマンウィングス
  • ハワイアン航空
  • ジェットエアウェイズ
  • ヴァージン アトランティック航空

ワンワールドアライアンス加盟航空会社

ワンワールドアライアンスのロゴ
ワンワールドアライアンスに加盟しているJALと連携している航空会社を見てみましょう。
  • 日本航空(JAL)
  • エアベルリン
  • ブリティッシュ・エアウェイズ
  • フィンエアー
  • イベリア航空
  • カタール航空
  • ロイヤルヨルダン航空
  • S7航空
  • キャセイパシフィック航空
  • キャセイドラゴン航空
  • マレーシア航空
  • カンタス航空
  • スリランカ航空
  • アメリカン航空
  • LATAM航空
JALにも個別に連携している航空会社があるのでこれらも確認しましょう。
  • エールフランス航空
  • エミレーツ航空
  • ジェットスター・ジャパン
  • 中国東方航空
  • バンコクエアウェイズ
  • アラスカ航空
ジェットスターはLCC(格安航空会社)で有名ですね。こうやって確認するとスターアライアンスに加盟している航空会社のほうが多いみたいです。つまり、海外旅行ツアーで乗る機会が多いかもしれませんね。

ツアーパンフレット・旅行代理店に確認する

世界の航空会社事情を把握したところで、実際に自分が乗ることになる航空会社を把握しましょう。ツアーパンフレットには使用する航空会社が記載されていることが多いです。アイスランドへ行ったときには、JALもしくはスカンジナビア航空と書かれていることが多かったです。最終的に決定するのは旅行へ行く1週間前くらいになると思いますが、旅行代理店へ問い合わせておくのがおすすめです。

航空会社のマイレージ会員になる

日本には世界三大アライアンスメンバーに加盟しているANAJALがあることが分かりました。これらの航空会社のマイレージ会員にあらかじめなっておく必要があるのです。これが海外旅行ツアー搭乗券でお得に旅行する方法の最重要ポイントです。あらかじめ会員になっておくというところです。
マイレージ会員は無料でなれるものと、クレジットカード付きの会員がありますが、クレジットカード付き会員のほうがかなりお得になります。ここの仕組みを詳しく知るためには「マイル」とは何かということを理解する必要が出てきます。

マイルとは一体なに?

マイルを簡単に説明すると、飛行機に乗ったときにもらえるポイントのことです。このマイルって一体何なんでしょうか?JALを例に挙げながら確認していきましょう。
空中(飛行機)で用いられる距離 (distance) の単位として、 海里 (nautical mile) 1 海里 = 正確に 1852 メートルがある
(Wikipediaより) 
JALホームページを見てみると
区間マイルは、IATA(国際航空運送協会)のTPM(運賃計算に使用する区間距離)を基準としています。
毎年春と秋に発行されるIATA TPMに基づき、7月と翌年1月に区間マイルを改訂いたします。
ということで、IATAのTPMを探してみます。
ありました。3千ドル・・・。約30万円します・・・。
IATAのTPMは約30万円する
こんなものを買わなくてもJALやANAのホームページを見ればマイル数を確認することができます。
JALマイレージバンク - フライトでためる
このマイルというものは出発した空港から到着した空港までの距離をKmではなくてマイル換算した時の距離のことです。なので、遠くへ行けば行くほどJALのポイントであるマイルが貯まるんです。ここで、日本の代表的な都市のマイル数を見てみます。
羽田⇔大阪:280マイル
羽田⇔福岡:567マイル
羽田⇔札幌:510マイル
羽田⇔沖縄:984マイル
沖縄は遠いだけあってたくさんのマイルをもらえますね。海外旅行ではもっと距離があるのでマイルはもっと貯まります。ここで、こんな声が聞こえきそうです。1マイルって1円と同じなんでしょ?チケット買うときに割引してくれるんでしょ?
果たして1マイル1円の価値なのか見てみましょう。

1マイルの価値とは

JALのマイルを使う方法は次の2つがあります。
  1. e-JALポイント
  2. 特典航空券
まず、JAL-eポイントについてみてみましょう。

1.e-JALポイント

このe-JALポイントはとってもわかりやすいです。1e-JALポイントは1円と交換できます。つまり航空券を購入するときのチケット代に充てることができるということです。しかし、10000e JALポイント単位でないと交換できません。詳しく見てみると、
マイレージ会員:10000マイル単位
JALカード会員:3000マイル単位
JAL CLUB EST会員:100マイル単位
JAL CLUB EST会員が一番e-JALポイントに交換しやすくなっています。こちらのe-JALポイントですが、10000マイルを一度に交換すると15000e-JALポイントと交換することができます。なので、1マイル1.5円の価値に高める事ができました。この時点で、スーパーのポイントよりお得そうということが分かります。しかし、マイルの価値はこれどころではありません

2.特典航空券

特典航空券とはマイルと航空券を交換して入手できる航空券のことです。みなさん一度は聞いたことがある「ビジネスクラス」こちらの航空券に交換することもできるんです。
ちなみに、一番人気があると思われる「東京⇔ホノルル(ハワイ)」の運賃を見てみましょう。
ハワイ行のビジネスクラスは75万円と高額
なんと75万円もするんです。一方で、マイルでビジネスクラスの特典航空券を入手するにはどのくらいのマイルが必要になるのでしょうか。特典航空券一覧表を見てみましょう。
JAL特典航空券に交換するのに必要なマイル一覧。エコノミー4万、プレミアムエコノミー6万、ビジネスクラス8万、ファーストクラス10万
ビジネスクラスで8万マイルで往復できます。ということは・・・
8万マイルで、75万円のビジネスクラスに乗ることができる。ということになりますね。つまり、1マイル9.375円の価値まで高めることができました。これはスーパーのポイントと違ってかなりお得です。ちょっとビジネスクラスの様子を覗いてみましょう。
完全に横になった状態で移動できます。ハワイに到着しても疲れ知らずですね。
JAL快適なフルフラットシート
飛行機の上でもフルコースです
JALハワイホノルル行ビジネスクラスのメニュー
それに比べてエコノミーだと・・・
狭いシート
JALエコノミークラスのメニュー
お食事は写真すら出てきません・・・。
2017-01-30_23h20_00
私も実際ビジネスクラスを体験しているので気になる方はこちらの記事をどうぞ。このように、マイルの価値というものは大幅に高めることができるとっても素晴らしい制度なんです。ちなみに現在(2017年1月)の私の保有マイル数ですが以下の通りです。
JAL
下の画像は2016年10月。6万マイル貯まっていました。
JALmile_20161008
最新のマイル数(2017年1月)
2017年1月のJALマイル数。このマイルを使ってパリ行のファーストクラス航空券と交換しました
17万マイル貯まっています。
ハワイにファーストクラスで行くことは全然余裕です。これは様々なポイント・マイルを貯める方法を駆使してここまで貯めることに成功しています。
実際、貯めたマイルを活用してヨーロッパ(パリ)までのJALファーストクラスのチケットと交換しました
JAL_FIRST_CLASS_Paris。パリ行のJALファーストクラスのチケットは2人で300万円越えですが、マイルで交換したので無料です。
パリ行きのファーストクラスに乗る為にはJALマイルが16万マイル必要になります。つまり、16万マイルで3,512,000円の航空券と交換することに成功したのです。これを160,000マイルで割ると21.95円/マイルという驚愕のお得度に変わってしまったのです。JALマイルをPontaポイントに交換してローソンで使用するよりはるかにお得ですよね。
以上より、1マイルの価値は様々ですが最大21.95円/マイルまで1マイルの価値を高めることが出来るという事はご理解いただけたと思います。
このマイルを貯めるには先ほど少し触れましたが、無料のマイレージ会員もしくはクレジット機能付きの会員になる必要があります。こちらのカード、実は何種類も存在しているんですがマイルがより多く貯めることが出来るものが存在するんです。

JAL・ANAカードに入会する

先ほど紹介したJALファーストクラスはJALマイルを貯めて国際線ファーストクラスチケットと交換しました。このマイルは飛行機に乗ると貯まるという事はご理解頂けていると思いますが、なんとJALカード会員(クレジットカード機能付き)に入会するとボーナスマイルが貰えるんです。無料の会員でもマイルを貯めることは出来ます。しかしボーナスマイルというのはとても貴重な存在です。何といっても1マイル21.95円の価値があるのでボーナスマイルをもらわないというのはもったいないです。

ボーナスマイルはクレジットカード年会費に連動している

クレジットカードは年会費無料のものがたくさん出回っていますが、航空会社のクレジットカードは年会費がかかります。その年会費に比例してボーナスマイルが増えていくのです。まずはJALカードを確認してみます
普通カード
 JALカードVISA
CLUB-Aカード
JAL CLUB-AカードVISA
CLUB-Aゴールドカード
JAL CLUB-A GOLD VISA 
プラチナ
JALプラチナカード JCB 
年会費(税込) 本会員 入会後1年間無料、2年目以降2,160円
(JAL AMEX:6,480円)
10,800円 17,280円
(JAL AMEX:20,520円
(JALダイナースカード:30,240円)
33,480円
家族会員 入会後1年間無料、2年目以降1,080円
(JAL AMEX:2,700円)
3,780円 8,640円
(JAL AMEX:8,640円
(JALダイナースカード:9,720円)
16,740円
入会搭乗ボーナス 1,000マイル 5,000マイル
毎年初回搭乗ボーナス 1,000マイル 2,000マイル
ご搭乗ごとのボーナス フライトマイルの10%プラス フライトマイルの25%プラス
大きく分けると4種類ありますがこの中でもJAL CLUB-AカードVISAがおすすめです。なぜならボーナスマイルは25%も貯まるからです。その下のJALカードは10%ですね。例えば羽田-那覇(沖縄)のボーナスマイルを確認してみます。
  • JALカード:73マイル
  • JAL CLUB-Aカード:184マイル
その差111マイルです。先ほどマイルの価値は最高で21.95円/マイルまで高めることができます。つまり、21.95×111=2436円の差がJALカードとJAL CLUB-Aカードで生まれてくるということです。通常、往復で航空券を購入するのでボーナスマイルも2倍貯まります。つまり4872円がカードの種類を変更することで追加で獲得することができてしまうんです。実際のボーナスマイルの価値は21.95×184×2=8077円分となります。なぜCLUB-Aカードを勧めるのかというとボーナスマイルが25%貯まるカードの中で最も年会費が安いためです。ゴールドカード・プラチナカードを選択されても問題ありません。ボーナスマイルの観点でいえばJALCLUB-Aカードを選択すれば間違いありません。お得な入会方法があるので後程紹介させていただきます。なお、ボーナスマイルはJAL便のみ適用されます。

続いてANAカードも見てみましょう。
ります。その年会費に比例してボーナスマイルが増えていくのです。まずはJALカードを確認してみます
ANAカード(ソラチカ)
 ANAソラチカカード
ANAワイドカード
ANAワイドカード
ANAワイドゴールドカード
ANAゴールドカード
ANAプラチナカード
ANAプラチナカード
年会費(税込)本会員入会後1年間無料
2年目以降2,160円
7,830円15,120円
86,400円
家族会員入会後1年間無料
2年目以降1,080円
1,620円4,320円
4,320円
入会ボーナス1,000マイル2,000マイル10,000マイル
継続ボーナス
(毎年) 
1,000マイル2,000マイル10,000マイル
ご搭乗ごとのボーナスフライトマイルの10%プラスフライトマイルの25%プラスフライトマイルの50%プラス
大きく分けると4種類あります。この中でもプラチナカードはフライトマイルの50%をボーナスとしてもらえるのでとてもお得ですが年会費がかなり高いです。それに比べてANAワイドカード、ANAワイドゴールドカードはフライトマイルが25%もらえて年会費もそこそこのお値段です。私が知る限りではANAワイドゴールドカードを所有している方が多いようです。ここでのおすすめはANAワイドカード、ANAワイドゴールドカードです。

クレジットカードにはお得な入会方法があった

クレジットカードに入会する方法として有名なのはやはり公式サイトからの申し込みです。しかしながらそれよりもお得な入会方法を発見したので皆さんにもお伝えしたいと思います。方法は2つ。
  1. ポイントサイト経由で申し込む
  2. 友人紹介で申し込む
この2つの方法があります。それぞれの申し込み方法を見てみましょう。

1.ポイントサイト経由で申し込む

ポイントサイトに登録して、そこのサイト経由でクレジットカードを申し込むとポイントがもらえます。大体2500円分のポイントがもらえます。
ポイントサイトによって1ポイントの価値が異なるので注意が必要です。検索するときに「JALカード」「ANAカード」と入力すればOKです。

2.友人紹介で申し込む

JALカード、ANAカードは友人紹介という方法で申し込むとなんとマイルがもらえるんです。その内容を見てみましょう。
入会ボーナス JALカード
ショッピングマイルプレミアム
入会
普通カード
JALカード
500マイル 500マイル
CLUB-Aカード
 JAL CLUB-Aカード
2000マイル 500マイル
CLUB-A
ゴールドカード
JAL CLUB-Aゴールドカード
3000マイル 500マイル
プラチナカード
JALプラチナカード
5000マイル 500マイル
JALカードは友人紹介で申し込むと最大5000マイル。上でお勧めしたCLUB-Aカードでも2000マイルもらうことができるんです。ポイントサイトで申し込むよりお得ですよね。1マイルの価値は最大21.95円まで高める事ができるんですから。なので、友人に紹介してもらってJALカードに入会するのがおすすめです。
もし身近に紹介してくれる方がいないようでしたら、私と友達になって紹介することも可能です。紹介させていただくにはいくつかの情報が必要になります。こちらが紹介時に入力する画面なんですが個人情報がちょっと必要になりますので気になる方はポイントサイト経由で。マイル重視の方は私と友人になって紹介させていただきます。
JALカード紹介プログラム画面
こちらのフォームから連絡いただければご紹介させていただきます。

ANAカードも友人紹介プログラムを行っています。
ANAカード 一般、ワイド
ソラチカカード
ANAワイドカード 
500マイル 500マイル
ゴールド
ANAワイドゴールドカード
2,000マイル 2,000マイル
プレミアム
ANAプラチナカード
5,500マイル 5,500マイル
やはりANAプラチナカードだと紹介時に獲得できるマイルが多く5,500マイルとなっていますが、年会費を考えるとゴールドがお手頃なところだと思います。一部の方に大人気のソラチカカードも紹介可能です。もし私からの紹介でもよければ、紹介させていただきますので連絡をお待ちしております。
こちらのフォームから連絡いただければ紹介させていただきますのでぜひ検討してください。

以上で搭乗券でお得に旅行する方法の準備完了です。

ツアー旅行の搭乗券は後からでもマイルの登録が可能!

ここまでで、皆さんは
  • マイルの価値は1マイル最大21.95円まで高めることができる。
  • マイルを貯めるときにはJALカード、ANAカードを持っていたほうがお得
これらについてご理解いただいたところだと思います。
そして、捨てないでとっておいた搭乗券。これは後からでもマイルの登録が可能なんです。今回は一番最初に出てきたスカンジナビア航空(SAS)の搭乗券からマイルを事後登録するところを紹介させていただきます。
※ハワイアン航空とヴァージンアトランティック航空は郵送での受付のみとのことなので以下の方法ではマイルの登録ができません。
まずはANAホームページへログインします。ANAカードを作成するとお客様番号をが発行されるのでその番号を利用してログインします。ログインすると黄色い「マイメニュー」というところがあるのでそこをクリックします。
ANAホームページログイン後
マイレージ事後登録をクリックして国際線事後登録を選択します。国内線のツアーの場合は国内線のほうを選択してください。
ANA国際線マイル事後登録
内容を確認したらメールアドレスの登録へ進みます。
ANAマイル事後登録確認
メールアドレス入力後「ご搭乗便の入力へ」をクリックします。
メールアドレス登録
搭乗の内容を入力します。これだけではわかりずらいので搭乗券と見比べてみましょう。
搭乗内容登録画面
搭乗券の対応している部分と入力欄を同じ記号で紐づけたので間違うことなく入力できますね。
スカンジナビア航空搭乗券(Boarding Pass)
チケット番号にはハイフンなどが入っている場合がありますが、数字だけを入力してください。確認画面へをクリックすると入力した内容が正しいか確認の画面が出てきます。登録するをクリックすると完了です。
搭乗内容確認画面
以上で完了です。搭乗後数週間たっていれば即座に反映されます。搭乗してすぐだと確認中として3日程度時間がかかりました。
ANAマイル加算確認
無事マイルが加算されました。ちなみに、今回はスカンジナビア航空(SAS)だったのでボーナスマイルは加算されていません。ちなみに、プレミアムポイントはビジネスクラスを利用したので加算マイル+400となっています。
往復で約14000マイル貯まりました。このマイルを利用して国内旅行に行く場合、下の表のシーズンだと「羽田⇔那覇(沖縄)」の往復チケットを無料で手に入れることができます。
2017年 1/5~2/28、4/1~4/28、12/1~12/22
2018年 1/8~2/28
このようにツアー旅行の搭乗券でも後からマイルを貯めることは可能です。皆さんもマイルを貯めてお得に旅行に出かけてみてはいかがでしょうか?

マイレージブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中