どーもプニ男です。
JAL便の予約をするときに皆さんはこのアルファベット気になったことありますか?
 JAL_fare_rendou_01
こちらの画像でいうと、先得割引の羽田→那覇のところで、四角にAと書かれています。よく見てみると、A,B,C,Eと書かれています。

JAL予測残席数に連動した運賃

JALでは「出発時」の飛行機の混雑度を考慮してそれに合わせた運賃設定を行っているのです。
対象割引運賃は以下の5つです
・特便割引1(ワン)
・特便割引3(スリー)
・特便割引7(セブン)
・特便割引21
・先得割引(スーパー・ウルトラは対象外) 
年末年始・GW等、キャンセル待ちする場合は必ずAとなり、一番高い運賃になります
JAL_fare_rendou_04

クラスJへのアップグレードは1000円

クラスJへのアップグレードは普通席と比べて1000円アップでできるということはどなたでもご存知だと思います。でもこちらをご覧ください。
JAL_fare_rendou_02
JAL917便の得便割引1(ワン)をみると、36490円、そしてクラスJをみると38990円→+2500円となっています。JALのパソコンがおかしくなったと思ってしまうところですが、右上のアルファベットを見ると
普通席→B
クラスJ→A
つまり、普通席より運賃が高いクラスになっていてさらに+1000円必要になる。よって+2500円になってしまっているということになります。
JAL_fare_rendou_03
もう一度JAL917便を見てみます。クラスJの料金が変わっています。ちゃんと普通席+1000円となっています。このカラクリですが、先ほどは5名で検索した結果。こちらは1名で検索した結果。なんと、クラスJのBの運賃枠が残り1名で、5名で検索するとこのお得な運賃が表示されない仕組みになっているのです。

まとめ

・得便割引・先得割引は右上のアルファベットで運賃が異なる
・Aになるほど高い運賃となる
・チケットの予約はまとめて行った方が楽ですが、最初は1名で検索して最安値で予約する

マイレージブログランキング
にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中