モチ子です。
12レグ目の記事です。前回の修行記事はこちらをご覧ください。

今日のミッション

今回の修業スケジュールは以下の通り。
羽田→沖縄 7:45発、10:35着(※定刻よりも10分遅れ)
沖縄→羽田 12:15発、14:40着(予定)

定刻より10分ほど遅れはあったものの、復路の搭乗が開始するのは20分~15分前と考えると、1時間強は時間がある事になります。また前回の記事にも書いた通り、帰りの分のチケットも羽田空港で発券済みのため、制限エリア内から出る必要は全くなく、1時間強適当に時間を潰せばOK。 

ただ一つ、私には夫から指令されたミッションがありました…。
というのも、夫が年初めの修業で沖縄に来た時、サクララウンジが工事中だったため、もらったクーポンの期限がなんとこの日、3月31日まで!これを使うために沖縄に来たといっても過言ではありません。
 那覇空港
1000円のクーポン券で「お土産がほしい!(←ついこの間沖縄に来たはずなのに)」という夫・プニ男のために、1000円程度のものを何か探す事にします!サクッと終わらせて時間が余ったら免税店でもぶらぶらして、グダグダ帰るぞ~!
shopping_duty_free
対象のお店は「Coral Way」と「BLUE SKY」
探すものの、全然見つからない…何故?閉店した?
…ん?「2階南側搭乗待合室」?…あれれ??
那覇空港
那覇空港の制限エリアの地図は画像の通りとなっており、ANA・JAL各々の搭乗口の場所がはっきりと分かれています。JAL便に搭乗する場合には保安検査の後画像で示されている左側(南側)へ、ANAの場合はその逆で北側。航空会社ラウンジ(サクララウンジ・ANAラウンジ)もそれぞれのゾーンに設置されています。那覇空港に行った事にある方ならお分かりかと思いますが、空港自体が小さいためANA側からJAL側へは歩いて10分~15分程度です。

那覇空港 地図
夫がもらったクーポンにはお店の指定があり、チェックインカウンターでもらえるものなので、制限エリア内外のお店がリストアップされています。
当然といえば当然ですが、このクーポンはサクララウンジ工事に伴って発行されたクーポンのため、制限エリア内のお店としてはJAL側(南側)(※詳細は後ほどの説明を参照)にあるお店しか使用が許されていません。つまりANAに乗ってきた私がこのクーポンを使用するためには、JAL便の搭乗口がある南側まで移動するしかないということです。

適当なお土産屋さん見た後はぐだぐだするつもりだったのになぁ~ちぇっ。
darui_woman
ANA側からJAL側へ軽い散歩です。ハイビスカスを眺めながら心ばかりの沖縄気分を楽しみます。
沖縄 ハイビスカス
写真を撮ったり、窓越しに飛行機を眺めたりしながら歩く事およそ15分。対象のお店はやっとつきました。
一つ目は「CoralWay」というお店です。お土産や軽食等が売っています。ちんすこうなど定番のお菓子が並んでいます。
沖縄 お土産
すぐ隣にBLUE SKYがあります。こちらの方がCoralWayよりもお店が少し大きく、定番の紅いもタルトも売っています。
 沖縄 お土産 
この時点で夫は2017年が始まって少なくとも5回以上は沖縄を訪れています。お土産の数もそこまで多いわけではないですが、割と定番のものが並んでおり、そんな人に買う沖縄のお土産に迷わないわけがありません…。サクッと買って後はブラブラ(グダグダ)する計画は 消え去りそう…二つのお店を行ったり来たり…中々決まりません…仕方ない、適当にちんすこうにしとくか…

と思った瞬間、最初に見たCoralWayというお店のかなり目立たないところに良さそうな代物を発見!!
job_tantei_woman

しっとりマフィンに出会った

沖縄に4店舗あるというコーヒー店、「CLIMAX COFFEE」のマフィンです。海外で売っているマフィンを彷彿させるようなボリューム感で、フレイバーは4種類。そのうち今回はチョコレート味、レモンシード、プレーンを購入。一つあたりのお値段はちょっとお高めの302円。マフィンを3つとちんすこう(100円)で1000円強。1000円を超してしまった端数分だけ現金でお支払です。

※画像は帰宅後撮影。
後日談になりますが、帰宅後に食べたこのマフィン、とってもしっとりしていておいしい!別の日に沖縄修業へ行ったプニ男がまた買って帰ってきました(笑)
沖縄 お土産
このCLIMAX COFFEEは沖縄に4店舗あり、他のフレーバーのマフィンもそこには沢山売っているようなので、ぜひ沖縄旅行に行った時には試してみたいですね。防腐剤は不使用との事ですが日持ちも割とするようなので、皆様も沖縄に行った際にはぜひこのマフィンをお土産に買ってみてはいかがでしょうか?

那覇空港のラウンジでぐだぐだしたい

お土産探しに奮闘した結果、沖縄滞在時間は残り1時間ほどになっていました。帰りもプレミアムクラスを予約していた私は、今日の楽しみだったグダグダin那覇空港計画を実行することに。

11レグ目に入った羽田空港ラウンジも含め、このラウンジを利用できる方は以下の方々。

ANAの会員ステータスを持っている方

ANAラウンジ

上の画像には「ブロンズ」ステータスも含まれていますが、ステータスがブロンズの場合には国内線ラウンジには1000マイル(国際線の場合:4000マイル)またはANAアップグレードポイント2ポイント(国際線の場合:3ポイント)との引き換えが必要となるため、実質有料です。それ以外のステータスをお持ちの方は無料で利用が可能。

ミリオンマイラーの方

簡単に言うとANAマイレージクラブに入会してから総飛行距離を「ライフタイムマイル(LTマイル)」と呼びます。このライフタイムマイルが200万マイル以上の方へ、「ラウンジアクセスカード」が与えられます。
ラウンジアクセスカード
200万マイルというと全く想像が出来ませんが、今回の私の飛行で得られたマイル数は「1230マイル」(片道)。200万マイルに到達するためには1600回以上搭乗する必要があります。つまりラウンジアクセスカードを入手するにはかなーり長い道のりです。

お高い搭乗クラスの搭乗券をお持ちの方

以下の搭乗クラスをお持ちの方は、ANAラウンジの利用が可能です
- プレミアムクラス(国内線)
- ファーストクラス(国際線)
- ビジネスクラス(国際線)
- プレミアムエコノミークラス(国際線)

スターアライアンス・ゴールドメンバーの方

航空連合のうちの一つスターアライアンスのゴールドメンバーの方。

ANAはスターアライアンスのメンバーですので、この航空連合に加盟している航空会社の飛行機に乗り、各社によって異なりますが一定の条件を満たした時点で上級会員になれます。

スターアライアンスメンバーには「シルバー」と「ゴールド」がありますが、ANAの上級会員でいうとこんな感じ。

  • ブロンズステータス:「シルバー」(30,000PP以上の獲得が必要)
  • プラチナ以上のステータス:「ゴールド」(50,000PP以上の獲得が必要)
話がずれてしまいますが、スターアライアンス・シルバーメンバーの特典は以下表の通り。
スターアライアンスシルバー
  • キャンセル待ちの優先的取扱
  • 空港での優先的な座席確保
  • スターアライアンスゴールド
  • ビジネス・ファーストクラス用の搭乗手続きカウンターの利用
  • ビジネス・ファーストクラス用ラウンジの利用
  • 空席待ち予約の優先
  • 機内への搭乗順位の優先
  • 到着後の荷物受取りの優先
  • 加算された搭乗マイルに対するボーナスマイル
  • それぞれの特典を比較すると雲泥の差です。またスーパーフライヤーズカード保有者についてもプラチナに含まれ、そのカードは一度入手すれば一生もの。ANAで修行している人がまず目指すところはSFC(スーパーフライヤーズカード)入手を目指していますが、それもそのはずです。

    ANA SUITE LOUNGEご利用券をお持ちの方

    「ダイヤモンドサービス」メンバーの方は選べる特典の一つとしてこの利用券の入手が可能。
    またダイアモンドまでならなくとも「プラチナサービス」の方でも、80,000プレミアムポイント以上獲得された方はこの券が3枚入手できるとのこと。ダイヤモンドの方はもともとカードがあれば、SUITE LOUNGEに入室が可能のためか、ヤフオクやメルカリ等のオークションなどで出品されている場合もあります。相場は一枚6000円程度のよう。
    ただ通常のANA LOUNGEとSUITE LOUNGEはランクが違うので、この利用券をANAラウンジのために使用するのはどう考えてももったいないです!

    ANA MY CHOICEで予約する

    ANA MY CHOICEという単語見たことありませんか?そう、機内にて有料のお菓子や軽食等を販売しているこのサービスです。冊子がシート前のポケットに入っていますよね。ANAのホームページには、このANA MY CHOICEについて、”いつもの旅に「ちょっとプラス+」できるサービス”と記載がありますが、そのサービスの一つとしてANAラウンジにも入室が出来るんです。
    ANA MY CHOICE
    お値段はこちら。
  • 羽田空港・国内線ラウンジ:3100円
  • 2017年4月28日現在、ANA MY CHOICEから対象となるラウンジは上記のみ。以前は成田空港・羽田空港の国際線ラウンジの利用もANA MY CHOICEのサービスとしてあったようですが、本年4月11日搭乗分をもって終了。

    ただステータス等を持っていない方でもお金を払えば入れるのでご安心を!現在は以下の通り有料サービスとなっています。
  • 羽田/成田空港・国際線ラウンジ:4000円(Webからの事前申し込み)
  • (※当日空港カウンターで予約の場合は6000円。このサービスを使用する場合には絶対に事前にWebから予約しましょう!)

    ANAカードプレミアムをお持ちの方

    年会費が最低でも75,600円するカードです。高い…
    ANAカード

    那覇空港ラウンジを初体験!

    那覇空港のラウンジは地方空港らしいこじんまりとしたサイズ。
    那覇空港 ラウンジ
    やはりビジネスマンが多いのか、コピー機等もあります。羽田空港にも同じようにコピー機がありますが、使っている人は見たことありません…どうしても書類が必要になった!等の緊急用でしょうか?
    ANAラウンジ
    ドリンクは羽田空港のANAラウンジと変わらず、コカコーラのドリンクマシーンとコーヒー。JALの「サクララウンジ」やゴールドカードで入る事が出来る「ラウンジ・華」等では、シークワーサ―ジュースやさんぴん茶等沖縄らしいドリンクの用意がされていた気がしますが、ANAラウンジは特にそういったものはありません。ちょっとがっかり。
    ANAラウンジ
    冷蔵庫に入っているドリンクもいつも通り、野菜ジュース、牛乳、トマトジュースなど。著変なし。
    もう少しドリンクに沖縄らしさがあればよかったのになぁ~と思いながら、飛び立っていく飛行機を眺めながら一休み。
    P1010758

    ANAラウンジ

    そうこうしているうちにもう搭乗の時間です。さよなら那覇。2時間はさすがに短かった!
    次の記事へ続く。

    マイレージブログランキング
    にほんブログ村 小遣いブログ マイレージへ 「ポイント・マイル」ブログランキング参加中